入院中の白髪染めは、時間との勝負です。怪我や病気などで病院に長くいる間でも、身だしなみにも気を使いたい方は多いことでしょう。しかし、浴室を使えるのは30分ほどしかないことがほとんどです。

限られた時間で白髪を染めるには、適した製品をチョイスするのが成功の秘訣です。

■トリートメントタイプやシャンプータイプの製品で、入院中も安心
病院で染毛を行う時にもっとも考えるべきポイントは、いかに手早く仕上げられるかです。クリームタイプなどの放置時間が要るものは、短時間で行うには向きません。また、これらは強い薬剤を含むものが多く、病院からの許可が得にくいようです。

トリートメントタイプやシャンプータイプの白髪染めは、放置する時間が短く優しい成分で作られているので、入院中でも使えるでしょう。特にシャンプータイプの製品は、普通に洗髪するのと同じように使用できます。かかる時間も短く、誰かに手伝ってもらうとしても、手間がかからないためオススメです。

髪を染めた後は髪をよく乾かすようにしてください。枕やシーツに色が付いてしまう恐れがあります。どうしても乾かない時は、タオルを敷いておくと良いでしょう。また、使用する時は必ず看護師の方に一声かけるようにしましょう。

入院中にどうしても白髪を染めたい時は、トリートメントタイプやシャンプータイプがオススメです。病院では何かと自由が効かずストレスが溜まりがちです。きれいな髪を保つことで、きっと気分も晴れ晴れとすることでしょう。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2017 自分に合った白髪染め~白髪染め染め専用のヘアトニック. All Rights Reserved